Month: January 2019

I’m everything and I’m nothing at the same time.

ビーガンになって一年半ちょっと でもこのビーガンですって言うことがどんどん変な感じがする ベジタリアンですとか ゼロウェイスターですとか 日本人ですとか なんだか魂ってそんな名前の付けられるような小さな存在じゃない気がして 今までは気づかないうちに何かになろうとしてる自分がどこかにいて でもこの前ふと って言うか何かになるなんて小さすぎて不自然じゃない? だって私は全てでもあるし何でもない存在なのに!って降りて来たのと 同時に凄く腑に落ちて軽くなるのを感じて 言葉ではうまく説明できないけど 私たちの魂ってこれですとかあれですとかって言うには大きすぎて イメージでは光を箱の中に閉じ込めてる感じ 本当は空気みたいに全てなのに 同時になーんにもない存在 なんだかその感覚がした時とっても自由に感じたから 最近はそれを思い出すのがお気に入り☆

.

今年はこんまりさんの協力もあって どんどん家の中が整って行くし 将来こんな風に暮らしたいってビジョンがよりクリアになる出会いもあったし どうやってそこに行くかはまだ分からないけど そんなことよりもやっぱり今いるここが今は一番好きで 今日の空が空いっぱいに雲のブラシで描いた絵をハッと眺めたり 大きな鳥がベランダに遊びに来たのを怖がらせないように 家の中からじーっと見つめて そのかっこいい姿にうっとりしたり そういう静かにハッとしてる瞬間が一番好き あとたまたま聞いたポッドキャストで イギリスのある小さな町で始まった動きの話にもすごくワクワクした どんどん活気の無くなって行く町中のいたるところに野菜を植えるっていう 活動なんだけど、誰でも食べることが出来るし参加したい人は 誰でも参加できて毎週日曜にその食材を使って料理をしてみんなで 食べようって会も日に日に人数が増えて行って 冬のとっても寒い日にもドアを開けらた沢山の人達が集まってるのを見て その活動を始めたおばさんは、これはみんなが人とのつながりを求めていて コミュニティーをとてもエンジョイしているんだって気づいたんだって 町のくたびれた名前のサインもアーティストの人たちに頼んで勝手に 可愛くしちゃったり 今ではこの素敵になった町にわざわざ住みたいって 引っ越してくる人たちも増えたんだって この活動を始めたおばちゃんが 『なんだって1人や2人の数人から始められるのよ そして絶対に無理だって言う人が出てくるの でもね、許可を貰うのを頼むよりも後で許しを頼む方がいいのよ とにかく座ってないで体を先に動かしちゃうの そしてミーティングは小さくスピーディーに美味しいコーヒーと 沢山のケーキを用意するのが大切ね!』だって☆ 実際にこのおばちゃん政府からの許可も何もなしに始めたらしいからさすが イギリスにあるこの可愛い町に私もいつか遊びに行きたいな!