Author: Koko

School by Mary Oliver

You’re like a little wild thing that was never sent to school. Sit, I say, and you jump up. Come, I say, and you go galloping down the sand to the nearest dead fish with which you perfume your sweet neck. It’s summer. How many summers does a little dog have? Run, run, Percy. This is our school.

心の中が嵐になっても 素直に泣けるし 頭で風を止ませようとしなくなったら こんなに気持ちの良い嵐はない気がする! なんだか気分はこの雲の上でサーフィンしてるみたい(笑) 悲しいし怒ってもいるけど一緒に楽しんでもいるってとっても変な感じ どんなことがあっても私は大丈夫だから やっぱりどこまでも全ての経験に感謝しかないんだ☆

.

ここに座ってベランダで日向ぼっこをしてる猫を 眺めてぼーっとするのが大好き 今日は友達と2時間近く電話でゲラゲラ笑って話してたら 風邪をひいて家の違う部屋からオンラインミーティングをしてる 彼が同僚に後ろで凄い変な音がするけど何って聞かれたらしい(笑) なんだか最近はどんどん言葉が出てこないし 言葉を使うことよりも今にじっくり浸ってる方が心地良いから これからは言葉はきっと減って でも写真はここに残して行こうかなって思った☆

All is well

全て起こることがベストでしかないって本当に腑に落ちると 一見心を大きく動かすことに遭遇しても ちょっと前までだったらどうやってここから抜け出そうかなって パターンの考えがったのが やばい!どれだけまた上がっちゃうんだろうって ゾクゾクするエキサイトメントに 変わるようになったのが最近気がついた変化☆ あと地球のどんどんパワーアップしてる大きな愛が教えてくれたのか もう誰かに愛を返してもらう必要がないんだってことに気がついて 大好きな人たちがそのままで同じ地球にいてくれることがただ嬉しくて それと同時にそのまんまの自分への愛で胸がいっぱいになった 私の存在が愛でしかない完璧な存在なんだから 誰かに埋めてもらう隙間さえない感じ これからの地球はきっと不足を感じて埋めようとする行動は終わって それぞれの完璧なエネルギーからただ溢れ出てくる行動に変わるんじゃないかな   もうそれをしみじみ感じさせてくれたコントラストに感謝!!

I’m everything and I’m nothing at the same time.

ビーガンになって一年半ちょっと でもこのビーガンですって言うことがどんどん変な感じがする ベジタリアンですとか ゼロウェイスターですとか 日本人ですとか なんだか魂ってそんな名前の付けられるような小さな存在じゃない気がして 今までは気づかないうちに何かになろうとしてる自分がどこかにいて でもこの前ふと って言うか何かになるなんて小さすぎて不自然じゃない? だって私は全てでもあるし何でもない存在なのに!って降りて来たのと 同時に凄く腑に落ちて軽くなるのを感じて 言葉ではうまく説明できないけど 私たちの魂ってこれですとかあれですとかって言うには大きすぎて イメージでは光を箱の中に閉じ込めてる感じ 本当は空気みたいに全てなのに 同時になーんにもない存在 なんだかその感覚がした時とっても自由に感じたから 最近はそれを思い出すのがお気に入り☆